フローリングたくさんのユーザーから支持される理由|輸入発売元 株式会社オカベ

フローリングが選ばれる理由(ワケ)


フローリングは、安全かつ清潔でメンテナンス頻度が少なく済む床材です。木の温もりが感じられる温かみのある床材で、再利用可能な環境にやさしい天然素材でもあります。

安全で清潔 Safe & Clean

フローリングは、ハウスダストを保持しないので、特にアレルギー患者にとってより安全で健康的な空間を提供します。
フローリングは、カーペットと比較すると価格の高い床材です。しかし、より少ないメンテナンスで長期間使用できますので、短期的に見ればカーペットが安価で、長期的に見ればフローリングが安価になる場合があります。
特に古い住宅においては、隙間風が入ってフローリングは冷たく感じる場合があります。しかし部分的にラグマットを敷いたりすることでこの問題は解決できます。

すぐれたメンテナンス性

フローリングは、メンテナンスや清掃にかかる労力が少なくて済みます。必要なツールも安価で済みます。モップと電気掃除機の価格差を考えてみれば、清掃道具にかかるコストの違いは歴然です。カーペットとは違い、フローリングは飲食物の食べこぼしなどの汚れにも強いので、少ないメンテナンス頻度でキレイに維持できます。
フローリングは、特に歩行量の多い場所では摩耗し、引っ掻かれたり、擦られたり、凹んだりして傷つきます。しかしほとんどの場合、研磨ペーパーで表面を磨いてキレイにし、塗装することで蘇ります。交換が必要になるほどのダメージは滅多に起こりません。

持続可能で環境にやさしい

木は自然に発生する資源であり、植林も可能なため、木を加工して作られるフローリングは、大変環境にやさしい選択だと言えます。
フローリングは、再生利用可能な自然素材です。米国林野局では、ハードウッドの毎年の成長量が除去率よりも大きいと言っています。これは今日のハードウッドの使用量よりも多く、森が成長していることを意味しています。
地球温暖化の防止には、温室効果ガス、中でも温暖化への影響が最も大きいとされる二酸化炭素の大気中の濃度を増加させないことが重要です。地球上の二酸化炭素循環の中では、森林が吸収源として大きな役割を果たしています。フローリングは、より少ない水資源と、より少ないエネルギー消費で製造されます。また、寿命を終えると燃料として燃やしたり、リサイクルも可能です。フローリングは、環境を壊さずに利用可能な、地球にやさしい床材なのです。温もりを届けるだけでなく、メンテナンス次第では何百年も使用可能な床材で、とても寿命が長く、かつメンテナンス性にもすぐれた床材です。
持続可能という観点では、再利用があげられます。アメリカやカナダなどの北米では、厳しい自然の中100年以上も納屋や倉庫の外壁として風雨と太陽にさらされてきた古材(バーンウッド)の人気が高く、盛んに売買されています。この古材をフローリングとして再利用するのです。近年このような北米の古材は日本にも輸入され、店舗や住宅の内装材として活用されたりしています。
古材(バーンウッド)には、新しい木材にはない、長い年月を経た個性や味があります。また、寸法安定性も、新品のフローリングよりもすぐれています。長年にわたって風雨と太陽にさらされてきたため、温湿度の変化の影響を受けにくく、収縮があまり見られません。

温もりと豊かな個性

●フローリングが選ばれる最大の理由は、木の温もりが醸し出す、暖かみのある雰囲気ではないでしょうか。
●フローリングには、幅広い樹種や色合い、様々な表情の木目や貼り方など、多種多様な選択肢があります。自然が生んだ様々な表情を見せてくれる個性的な床材です。
●無垢フローリングなど、本物のフローリングを床材に使用すると、古く傷んでも張り替える必要がなく、サンディング作業によって再生できます。